After Effectsについての質問等はAfter Effectsの救世主へ!!

<< After Effectsの魔法使いTOPへ
 


E『 写真から動画を作る3 』
       ( ボトルを転がす )

 

さて、今回もいつもの感じのメイキングのご紹介。
今回も写真から動画を作るというコンセプトで参ります。
では何の写真を動画にしたのかと申しますと、
ずばり「転がるボトル」でございます。



一見、ボトルが転がるというのはとてつもなく難しいような感じがしますが、
実は部分的に解析すると、ガラスのボトル部分、
つまり透明の部分はあまり動いているようには見えないものなのです。

そこで、ラベルの部分だけをうまく歪ませたりしてあげて、
それを元に戻す動きをつけただけで
ボトルが転がっていくように見えるというものなのです。

これの応用で、例えば、
テーブルに縦に置かれた缶ジュースが
突然ひとりで回転し始める!
なんてびっくり映像も、いとも簡単に作れてしまうわけです。

ラベル部分の歪ませ方のコツは、
最初のキーフレームの方を歪んだ状態として、
最後のキーフレームを元の歪みのない状態にすることです。
「歪んだ状態→歪みがないもとの状態」という動かし方です。

こうすることにより、見ている人が歪みに気がつきづらくなります。
これが逆になると、だんだんと作られた虚像になって行くわけですから
もとの映像に戻るよりはバレ易くなるのです。

まぁ、こんな感じのことも、
AfterEffectsだけ持っていれば誰でも制作可能なんですね。
デフォルトのエフェクトだけで十分に加工ができる!!

ぜひ試してみてください!

ローカルを。
仙台発信のCMを。
みんなで向上させませう (゚∇^d) !!


2008/02/13(水)

010709